広い範囲にフローリングワックスを塗るならプロに任せよう

フローリングを守るために

家

多くのメリットが得られる

木材を床に張り付けたフローリングは、今やどこの家でも利用されている床材で、暖かみのある住環境を作るのに適しています。せっかく購入した新築物件、美しいフローリングを維持するためには、傷や汚れが付かないよう常にメンテナンスを欠かさないことが必要になってきます。しかし、元々が木材であるため、水分や熱、衝撃など耐久性に限界があるのも事実です。一昔前まではフローリングにワックスがけをして耐久性や艶出しを行っていましたが、水分が溜まると白く浮き上がって剥がれてしまうなどの問題も多かったようです。また、ワックスの効果が維持できるのは半年から1年程度と短く、その都度塗り直しを必要としていました。家具の移動など重労働も強いられることから、ワックス以上に長期間で維持できるフロアコーティングが出てきたら、それに移行するのは当然と言えます。フロアコーティングが採用される最も大きな理由のひとつが、10年〜20年は維持できる耐用年数の長さです。また、中には30年以上の保証がされるものもあるため、場合によっては一生に一度、あるいは二度の施工だけで済むというのは大きなメリットと言えます。また、フロアコーティングはフローリングの表面に硬度のある塗膜を張るので、水や熱がフローリングに直接触れることがなくなります。椅子を引いたときの傷や、ペットを飼っている家庭での傷や汚れも、フロアコーティングをしておけば心配する必要がなくなるのは大きなメリットと言えます。水を零したり、ペットのおしっこ、油やベタベタした汚れでも、跡を残さず拭き取るだけの簡単なメンテナンスで済むなら、フロアコーティングが人気となるのは当然と言えるでしょう。