広い範囲にフローリングワックスを塗るならプロに任せよう

床材の美しさを維持する

室内

塗膜で覆うことで床を守る

フローリングを守るためにフロアコーティングが注目を集めていますが、そもそもフロアコーティングとはどういったものか、施工してどのようなメリットがあるのかなど、気になる人も多いでしょう。フローリングの美観を維持するには、一昔前ならワックスを使用していましたが、効果が維持できる期間が短く、何度も塗り直しを重ねることで費用がかかりすぎるという問題を抱えていました。しかし、フロアコーティングの耐用年数は数十年と長期間にわたって維持できるため、費用対効果でワックスより優れているという結果が出ています。フロアコーティングとは、シリコンやウレタンといった塗料を用いて、フローリングの表面に塗膜を形成する技術です。塗料によって違いはありますが、耐熱性や耐衝撃性、耐擦過性、耐薬品性など非常に硬度の高い塗膜が形成されるようになります。これによって水や調味料を零してもフローリング自体に汚れは届かず、さらに椅子を引いたりペットが走り回っても傷が付きにくいというメリットを得ることができます。新築物件を購入すると、当初は綺麗だったフローリングも長期間使用し続ければ傷や汚れといった劣化が目立つようになりますが、フロアコーティングはフローリングを塗膜で覆うことから現状を維持したまま残すことができます。将来的に転売するなど、物件を手放すことがあったとしても、フローリングは新築当時の美しさを保っているわけなので、資産価値を維持したままで取引ができるようになるのです。フロアコーティングの施工時間はおよそ1日前後とそれほど時間がかかるわけではありませんが、家具の移動などが必要となることから、引っ越しで入居する前に行うのが一般的です。耐用年数は10年や20年はあるので、賃貸でも次の新居に移るまでフローリングを維持したままにできます。