広い範囲にフローリングワックスを塗るならプロに任せよう

床

床のコーティング

フロアコーティングは床材の保護と美観の維持、そしてメンテナンスの手間を減らせる方法として注目を集めています。ガラスやシリコン、UVにウレタンなどの種類があり、何でコーティングするかによって耐用年数や効果が変わるため、フロアコーティングをする場合には慎重に選ぶ必要があります。

家

フローリングを守るために

フローリングはどこの家でも見られる床材で、暖かみのある住環境にする上で必要不可欠になっています。しかし、木材である以上、傷や汚れがどうしても付いてしまうので、常にメンテナンスを行なうようにしましょう。一昔前はワックスがけが採用されていましたが、現在は耐用年数の長さや複数のメリット面から、フロアコーティングが支持を集めています。

ワックスで床を綺麗に

作業員

ワックスは剥がれていく

ピカピカに光っている床のほとんどには、見栄えを良くするためにフローリングワックスという製品が塗られています。それに加えて、フローリングワックスは傷や汚れからも守ってくれますので、見た目だけではなく床を長持ちさせることにも繋がるでしょう。しかし、長い間生活を続けていると、少しずつフローリングワックスが剥がれてきてしまい、輝きを失ってくすんだ印象を持つようになります。そうなった場合は、新たに塗り直せばピカピカの床が復活しますので、塗り替え作業を考えてみましょう。塗り替えを考えた場合は個人で行なうか、フローリングワックスの業者に頼むかを選ぶことになります。もしも、狭い範囲だけを施工するというのなら、一人で行なっても大丈夫かもしれません。しかし、広い範囲に施工をするとなると、かなりの作業量になりますので、プロの業者に頼んだほうが良いでしょう。そして、フローリングワックスを新たに床に施工する場合は、綺麗に仕上げるためにも、以前に塗ったものをきちんと剥がさなければいけません。この事前作業もとても大変なので、最初から最後までフローリングワックスを仕上げてくれるプロに頼んでしまったほうが良いといえます。なお、ワックスの種類は色々ありますので、床に最適な製品を業者の方と相談をして決めるようにしましょう。素材に合ったワックスをきちんと選択すれば、今まで以上の綺麗な床を手に入れることができるからです。

室内

床材の美しさを維持する

フロアコーティングが人気になりつつありますが、そもそもフロアコーティングのメリットや効果などを知らないという人も多くいますが、資産価値にも後に影響するほど、大事な施工方法です。一昔前まではワックスというメンテナンス方法もありましたが、現在では費用対効果で優れるフロアコーティングがメインとなっています。